金属アレルギー治療

歯科用金属とアレルギー歯科金属アレルギーの検査について対策(治療)についてコア(歯の土台)について

歯科用金属とアレルギー

アレルギー疾患とは??

身体に備わる免疫は、特定の物質を「排除すべき異物」とみなして抗体をつくり、攻撃を加えた結果、身体に炎症や障害を引き起こします。
代表的なアレルギー症状である花粉症は、花粉を「異物(=敵)」とみなした免疫の抗体反応によるものですし、アトピー性皮膚炎もホコリや特定の食品に対するアレルギー反応によって引き起こされるものです。
金属そのものは生体に対してアレルギー性を示しませんが、溶け出してプラスイオンとなり、体の蛋白質と結合する事によって体がそれを異物とみなし、過剰反応を起こすのです。

ムシ歯治療の材料でアトピー??

歯科領域において、最近になって金属アレルギーが問題視されるようになってきました。
金属アレルギーが問題となる理由として、アレルギー疾患を受診するのがほとんど皮膚科だという事、多くの皮膚科医や歯科医師が、お口の金属が金属アレルギーの原因になるという事実を十分に認知できていなかったという事が上げられます。

近年、金属アレルギーと歯科治療の関係が、皮膚科医や歯科医師重視され取り上げられてきており、入れ歯(義歯)・詰め物などの治療物・矯正器具など、アレルギーの原因となり得る金属が口腔内に存在する以上、皮膚科と歯科の密な連携による金属アレルギーの予防と治療への取り組みが必要と言われています。

金属アレルギーの症状として、直接金属のあたる部分がかぶれるだけでなく、手足や全身まで及ぶ事があります。
また、口腔内の金属アレルギーは金属を使用してから数十年を経て突然発症することも多く、すぐに症状が現れるとは限らないのです。

体のしくみと金属アレルギー

金属アレルギーは、金属から溶け出した陽イオンが直接触れている部分や唾液を介して経口的に血液中に溶け込み、体の他の部分へと運ばれます。
皮膚や粘膜の蛋白質と金属イオンが結合し、体が本来持っていないタイプの蛋白質に変化します。
この蛋白質に対して免疫細胞が過剰に反応するとアレルギーが起こるのです。

今現在、金属アレルギー反応のない方でもお口の中の金属によってアレルギーになってしまう恐れがあります。
つまり、お口の中に金属が存在し続ける以上、常に金属アレルギーになる危険性があるという事です。

金属アレルギーの全身への影響

金属アレルギーによる皮膚や粘膜の病状には、直接触れる部位に起こる接触性皮膚炎の他に接触していない部位に起こる全身性接触皮膚炎があります。
全身性接触皮膚炎とは、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を、口や気道・血液から摂取する事で生じる病状で、原因としては食品に含まれている微少な金属の成分やお口の中の歯科金属によるものなどがあげられています。

他の物質によるアレルギー疾患と同様に、接触していない部分の皮膚や肺・肝臓にも影響が及ぶ可能性があります。
腎炎、喘息・過敏性肺炎、汎発性湿疹、扁平苔癖、掌蹠膿疾症などが知られています。

このページの先頭へ

歯科金属アレルギーの検査について

腔内の金属に対するアレルギーの有無に関しては、次の二つの点を考慮に入れる必要があります。

  • 金属そのものに対して、アレルギーを持っているのか。
  • 口腔内の金属にアレルギーの原因(アレルゲン)となる成分はないか。

そこで金属アレルギーに関する調査としては、金属に対するアレルギーを調べるパッチテスト検査と口腔内に存在する金属の成分検査があります。
また、金属とは別に、現在では口腔内に充填・補綴されている金属に関して、2次カリエス等の歯科的疾患の有無を診査・診断致します。

歯科金属アレルギーのパッチテスト

歯科用材料に使用されている物質によるアレルギーの有無を調べるための検査で、接触アレルギーが存在する場合、健常な皮膚にアレルギーの原因となる物質を接触させても、接触性皮膚炎が再現されます。
パッチテストは、これを応用して接触性アレルギーの原因と考えられる様々な物質を貼付することにより調べます。
歯科で使用される可能性のある金属について検査する事ができます。

背中や腕(基本的に上腕部)に金属をイオン化させた試料を貼り、48時間後に除去します。
試料を貼ってから48時間後、72時間後、7日後に皮膚の炎症症状を確認する検査です。

シールを貼る  →  アレルギー反応を起こす金属の部分だけ赤くなる

パッチテストで陽性反応を示した金属や材料は、アレルギー疾患の原因である可能性はありますが、その他の原因物質や病因、環境条件などが合併して症状が現れる可能性も考えられます。
従ってパッチテストで陽性が出た場合でも、この検査のみでは症状や疾患との関連性について確定する事はできません。

当院でのパッチテストに対する考え

那須歯科医院では皮膚科でのパッチテストをお薦めしています
皮膚科でのパッチテストをお薦めしているのは、『皮膚疾患に関しては歯科より皮膚科の方がより専門的であること』『皮膚科への受診により金属アレルギーではない皮膚疾患であると診断される場合もある事』『歯科でのパッチテストは健康保険適応外ですが、皮膚科でのパッチテストは健康保険が適応になる』などからです。

金属成分検査

お口の中に入っている金属にどのような成分元素が含まれているかは、詰め物の数が少なく、いつどこで治療を受けたのか、問い合わせ出来る場合は、ある程度知る事ができますが、大分前の治療で、複数の歯医者さんで治療を繰り返している場合などは、どこに問い合わせればいいのか分からない事もあります。
また、最近は金属アレルギーを考慮して全ての元素を公表している金属も増えてきましたが、歯科用金属の多くは成分の全てを公表しているものは少なく、数%が「その他」となっており、アレルゲンの有無を知る事は出来ません。

しかしお口の中の金属を分析する事により、個々の修復物にどんな元素が含まれているのか、アレルゲンを含む修復物の特定が出来ます。
分析方法は、お口の中のひとつひとつの金属をごく少量削って、わずかな金属片を摂取し、金属元素分析装置を用いて金属アレルギーの原因となる金属が含まれて居ないかを調べます。
(分析は院外に依頼しております)

☆個々の修復物を削りますが、噛み合わせや外観に影響の無い金属の表面を削りますので、痛みや破損の心配はありません。

検査費用 1サンプル 5,000円(税込み)

このページの先頭へ

対策(治療)について

一旦、免疫が金属を異物として認識してアレルギーが生ずると、数年から数十年はその反応はなくなりません。
そのまま一生アレルギーを抱えたまま過ごす方も少なくありません。

生活の中においては、あらゆる所で金属が存在しています。
明らかに金属とわかるものから、一見すると金属が含まれているとは思えないものまで様々なものが身の回りにあふれ、完全に金属と絶縁するのはきわめ困難です。
そのため、金属アレルギーは「なってから苦労する」よりも、「なる前に防ぐ」方が望ましいと言えます。

お口の中にアレルギーを引き起こしやすい物質が存在する事は、常に金属アレルギーの危険にさらされている事になります。
今までなんとも無かった方でも、年月と共に金属アレルギーになってしまいます。
金属アレルギーの自覚がない方でも、全身における、様々な不快な症状、皮膚炎などがあるようでしたら、もしかすると知らないうちに金属アレルギーになっている可能性もあります。

現在、金属アレルギーでお悩みの方や金属アレルギーを予防されたい方は、お口の中にある金属アレルギーを起こす物質を除去し(原因除去療法)、金属アレルギーを起こさない物質と交換する事をお薦めします。

その場合に用いられる材料の代表格が、セラミック(非金属無機材料)です。
セラミックは、金属アレルギーの原因とならないだけでなく、生体親和性が高く劣化しない材料で、本来持った歯の白さに近い色を表現できるという審美性にも優れています。
当院では、最短1日でセラミック治療ができるセレック3を導入しております。
プラスチック樹脂を用いる治療もありますが、劣化・変色しやすいため、セラミックに比べると材料としては劣ってしまいます。
(プラスチック製のお箸が、使用するうちに変色してもろくなってしまうのと同じです)

このページの先頭へ

コア(歯の土台)について

ムシ歯治療などで神経を取った後の歯は、根の中に最終的な薬を入れます。 そしてその根に補強の芯を立てます。
これがコアです。
その上に、クラウンを被せたりします。
コアは通常(保険では)金属で作製されます。
コアは直接口腔内に触れるわけではないので、金属アレルギーとは無関係だと思われる方もいらっしゃいますが、実際、歯には目に見えない象牙細管という細い通路が開いていて、歯の外(歯肉)と通じているのです。

時間がたつにつれて金属の中の銀イオンなどが溶け出して歯を腐食(サビの様なもの)してしまう恐れがあるだけでなく、象牙細管から金属アレルギーの原因となるアレルゲンが溶け出してしまうのです。
ここで推奨したいのが『ファイバーコア』です。

ファイバーコア

このファイバーコアというのは、グラスファイバーの繊維を何十にも束ね、1つの棒状にして専用の特殊樹脂と一体化させて作ります。
神経を取った歯にその後起こるトラブルとして多いのが「根の先に膿がたまり痛みが出る」「根が割れる」などです。
膿がたまり痛みが出てくるものは治療で治りますが、根自体にヒビが入ったり割れてしまうと、抜歯しなくてはならなくなる事が多いのです。
歯に外力が加わると少なからず歯もたわみます。
その際、コアもたわめば応力が分散され根が破折するリスクを減らす事が出来ます。
そこで生まれたのがファイバーコアです。
従来の金属コアに比べて強度は同等で、弾性は歯の象牙質と近似しています。
また、ファイバーコアは金属アレルギーの予防・治療のみならず、審美的にも非常に優れた最新のコアと言っていいでしょう。

このページの先頭へ

無料矯正メール相談

  • コンテンツ
  • 虫歯でお困りの方
  • 歯周病でお悩みの方
  • 歯並びが気になる方
  • お子さまの歯でお悩みのお母さまへ
  • 歯を失った方へ
  • 白い歯にしたい方へ
  • 予防について
  • 金属アレルギー治療

みほブログ

医療費控除

インターネット予約

有限会社デンタルネット